ルビーにまつわる話

旧約聖書にも登場する宝石ルビー

旧約聖書にも登場する宝石ルビー

旧約聖書「出エジプト記」には、エルサレムの祭司のために胸当てを織りなさい…とあり、飾る12個の宝石の記載があります
第一列目には、ルビー、トパーズ、エメラルド
第二列目には、ざくろ石(ガーネット)、サファイア、ジャスパー
第三列目には、オパール、めのう、アメシスト
第四列目には、藍玉、ラピスラズリ、碧玉
それぞれにイスラエルの12部族の名が彫られているのですが、ルビーが、ルビーが一番先頭に並んでいるのが分かります。
「知恵は、宝石(ルビー)よりも尊く、貴方の望む何物も、これに比べるに足りない」(箴言3章15)「だれが賢い妻を見つけることができるか、彼女はルビーよりも尊い」(箴言31章10)…この様に
ダビデの子でありイスラエルの王であったソロモンの教訓である
「箴言(しんげん)」として旧約聖書の中にあります。
当時から最高の宝石として認識されているのが宝石ルビーです。

阿弥陀如来さまの頭上に輝くルビー

阿弥陀如来さまの頭上に輝くルビー

肉髻珠と呼ばれる如来さまの頭に光る赤。「肉髻の上に薄皮が張りつめられている時に赤色に見える」と経典に説かれている赤色の宝石です。(仏像:日東書院より)お釈迦さまの生まれたルンビニは、ミャンマーのルビーの産地からあまり離れておらず、また、ルンビニの近くにも昔ルビーが採れたと聞いています。写真は、京都の三千院の阿弥陀さん。頭上にルビーのついた宝冠をお召しになる大日如来さんと違い、宝飾品の類は一切お召しになっていませんが、頭上にはやはり、ルビーが輝いています。