モリスルビーのトレーサビリティ


ルビーインクルージョン
In the past, Mori’s had a direct access to the mine in Myanmar. From that experience, we think that traceability of a gemstone is an important factor. Mori’s begin from the ground up; purchasing the rough rubies that came out from the mine. We then cut, polish, certify all of our rubies in house. Mori’s guarantees that our rubies are 100% untreated natural rubies. We pride ourselves being able to deliver the finest, exceptional rubies which may be passed down for generations to come.

原産地の鉱山で自らルビーの採掘をしたモリスは、宝石ルビーの価値判断をするときに一番大切なのはトレーサビリティだと考えます。採掘の現場、研磨作業、インクルージョンの情報管理とIDナンバーの取得。すべてを自社で行うことで「天然無処理で美しいミャンマー産ルビー」であることを保証しています。モリスは世代を超えて受け継がれていく宝石として相応しいルビーをお客様にお届けしています。




  • モゴック鉱山


    世界的に有名なルビーの産地であり、ナヤン鉱山と共に天然無処理で美しいルビーが産出される。

  • 鉱山内のルビーの鉱脈、プライマリーソース(一次鉱床)


    大理石に浮かぶ黒い部分がルビーの鉱脈。他の産地と比べてミャンマー産ルビーが特別なのは、結晶した時の環境が違うから。(接触変成岩起源)


  • ナヤン鉱区


    モリスは、自社でミャンマー北部のNam-Ya鉱山で4年間採掘を行った。現場で出現率を調べた唯一の宝石商として、天然無処理で美しいルビーの希少性と、その限りある資源の大切さを伝えていきたい。


  • 採掘された原石


    モリスルビーは、現場で原石を探すところから始まる。銀座店で勤務するスタッフが、鉱山で原石を探す様は、まさに「宝探し」。

  • 「かけがえのない宝石」らしい形にしたい…モリスのシンギュラリティカット


    インドとユーラシア大陸が衝突するという地球史でも稀にみる自然現象下で結晶した奇跡の宝石ミャンマー産ルビー。原石の魅力を見極める熟練の技。


  • モリスのシンギュラリティカット


    一つの原石に一つの形…モリスの研磨職人の技の見せどころ


  • ヤンゴンにある自社ルビー研究所でインクルージョン(内包物)の撮影


    トレーサビリティを確保した5万点を超えるルビーのインクルージョン写真のコレクションは世界最大。

  • 仕上がったルビーは、その場で検査、品質判定の上、モリスルビー保証書を発行。


    10ctのルビーから1㎜のルビーまで、品質管理を徹底。

  • 銀座で宝探し… 相性の良いルビーに出会うために少し時間をかけて。


    銀座5丁目並木通りにある「モリス銀座店」は、三笠会館の隣、銀座テーラービルの紫色のバナーが目印。季節のお菓子と京都のお抹茶を楽しみながらルビーのお話に花が咲く! 時間をかけて…後々の満足感が違う。