新着情報

世界的に有名なミャンマーのルビーの鉱山

 

14世紀のミャンマー(旧ビルマ)は、「赤い宝の石がでる産地」として、
ヨーロッパの書物に紹介されて以来、世界中の人々に注目されてきました。



天然無処理で美しいルビーは、
ミャンマーのほぼ中央8マイル四方でルビーが採れる「MOGOK(モゴック)」と


北部カチン州ヒマラヤ山脈の麓、ホーステールと呼ばれる馬の尾状に伸びたエリア
「Nam-Ya(ナヤン)」の2か所、ごく限られた鉱区で産出されます。




長い間、外国人立ち入り禁止区域でしたが、
経済開放政策の甲斐があって、
許可を取れば

2014年から35年ぶりに入山できるようになりました。


モリスのモゴック鉱山のオフィスにご案内できることを楽しみにしております。

世界的に有名なミャンマーのルビーの鉱山







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ミャンマー産天然無処理ルビー専門店 Mori's



東京都中央区銀座5-5-16 銀座テーラービル6F
(銀座駅B5出口から約2分)

株式会社モリス

03-6280-6156
(0120-234-677)