ピジョンブラッド


ピジョンブラッド


ピジョンブラッドという表現は本来、客観的な表現ではなく、ルビーの色を主観的に形容したものです。 色々な宝石鑑別機関が、様々なルビーに「ピジョンブラッド」と表示しますが、 問題は、鑑別機関によって評価にバラツキがあることです。 ビジョンブラッドという呼び名があるのに、明確な国際的な基準がないのです。
澤田様リング
モリスルビー

クオリティースケール


ルビーの品質(JBSクオリティースケール)について ルビーの品質判定が客観的であるためにプロのジュエラーは、 ルビーの美しさと色の濃淡を見分ける時 クオリティースケールを使います。 横軸に美しさの度合いを、明度、彩度、色調、色目、色ムラ、 美しさに影響する内包物などに注意しながら、 S 輝きがあり特に美しいもの A 特に美しいもの B 美しいもの C 欠点はあるが美しいもの D 美しさに欠けるもの どの枠に属するか判断します。 色の濃淡については縦軸、7~2に分けて最適な色の濃さを表します。 ルビーについては、6または5が(光源によっては4)が最適です。 またサイズ(テーブルの大きさ)によって最適な色の濃さが変わります。 例えば、直径5mmのルビーで6の色の濃さが好きだった方の場合は、直径2mmのルビーを 選ぶときは、5の色の濃さが良いでしょう。

クオリティースケール
クオリティースケール

ルビーの需要と供給

宝石の価値は、品質と需要と供給のバランス、そして伝統と慣習を考え合わせて明らかに するものですが、その品質を見分ける際に便利なのが、上記の「クオリティースケール」という モノサシです。 全産出量のうち、ジェムクオリティ ジュエリークオリティー アクセサリークオリティーの占める割合を示しています。 最高級クラス(GEM)
高級ジュエリー用(JEWELRY)
一般的な宝飾品に使われるもの(ACCESSORY)

最高のルビーとは?と聞かれた時には 「一般論として、クオリティースケール(JBS品質判定)の ビューティースケール: Sカラースケール: 6 が一番良い色、通常ピジョンブラッドと いわれています」と申しあげます。 ビューティースケール: Sカラースケール: 6 は全体の5%にしか満たない希少な品質のルビーです。


漂砂鉱床
全産出量のクオリティーによる割合


鉱山での現地調査

モリスは、ルビー鉱山で、 どの品質のものが、どのくらい の割合で産出されるのか? 出現率を調査しました。 宝石商としては、 はじめての試みでした。 9ヶ月かかって採掘した原石をカット研磨せずに置いておき、 実際のクオリティースケール上に並べたのが下の図です。 やはりジェムクオリティーとジュエリークオリティーのSは、 とても少ないのがお分かりになると思います。
漂砂鉱床から宝の石を探す
鉱山での採掘量
漂砂鉱床から宝の石を探す
鉱山での採掘量


お好みのルビーの色味を見つける

画像はミャンマーの鉱区で原石の品質ごとの出現率の調査を5年間やり、 現物のルビーでスケールをつくった時の画像です。
お気に入りのルビーを見つけるには、品質、希少性を見分けられるジュエラーのいるお店が必要不可欠です。
そして、品質などを聞く前にご自分の好きなルビーを見つけ、その後説明を聞いて納得できるものであれば、
それがあなたの「お気に入りのルビー」です。


現物のルビーでスケールをつくった時の画像です。
現物のルビーでスケールをつくった時の画像です。